HOME > 診療のご案内 > セルフライゲーションブラケット装置

セルフライゲーションブラケット装置

セルフライゲーションブラケット装置とは

歯に取り付けたブラケットにワイヤーを通すという面で、見た目は通常のマルチブラケット装置とあまり変わらないのですが、ワイヤーの固定の部分が違って、留め方や歯を動かすための圧力のかかり具合にこれまでの矯正装置との違いがあります。

ゴム、もしくは細い固定用のワイヤーなどで固定していたこれまでの装置と違い、セルフライゲーションシステムの場合はブラケット装置自体に特殊なシャッターがついており、これにより自ら固定します。
このため、摩擦力が少なく、弱い力で歯を動かせるようになり、歯の移動時におこる歯根膜や歯槽骨の破壊と再生のサイクルが、無理のないサイクルで行われ、従来のマルチブラケット装置より歯の移動が速くなる場合があります。また、弱い力で歯を動かすことで、人によっては痛みが軽減される場合もあります。

セルフライゲーション装置

セルフライゲーションブラケット装置の特徴

  • 従来のマルチブラケット装置より目立ちにくい(金属とプラスチックのブラケット)。
  • 摩擦力が少なく弱い力で動かすことで、人によっては痛みが軽減される場合がある。
  • 治療の初期段階の歯の移動の際に効果が期待される。
  • 従来のマルチブラケット装置よりも清掃性が良い。

クリッピーC

ページトップへ
HOME 医院のご案内 スタッフの紹介 医院の特徴 診療室のご案内 アクセス プライバシーポリシー サイトマップ 小 中 大