マウスピース型矯正装置(インビザライン)

当院では、マウスピース型矯正装置(インビザライン)を使用した治療も行っています。 マウスピース型矯正装置(インビザライン)は、全世界で70万人を超える方の治療に応用されているマウスピース型の矯正装置です。これまでにも多くの臨床報告の論文が発表されており、日本でも広がりを見せています。
※インビザライン完成物は医療機器法対象外であり、医薬品副作用被害救済制度の対象外になる場合があります。

マウスピース型矯正装置(インビザライン)とは?

インビザライン

米国、アラインテクノロジー社の開発したアライナーと呼ばれるマウスピース型装置を使用する治療方法です。
クリンチェック(3次元シミュレーションソフト)を使って歯科医師が策定した治療計画に基づき、治療の完了までに必要な数のアライナー(マウスピース)を治療の始まる前段階ですべて作製してしまいます。治療期間中は、患者さんがご自宅でそのアライナーを2週間に1度交換してゆくことで徐々に歯を動かしていきます。
目立たない矯正治療、通院回数の少ない矯正治療、をご希望の方に有った治療方法です。

マウスピース型矯正装置(インビザライン)を使用すると、

インビザライン
・目立たない
薄い透明な素材ですので、装着していてもあまり目立ちません。
・痛みによるストレスが少ない
ワイヤーやブラケットを使わないため、装置があたる事によって受ける痛みや口内炎の痛みを生じる事がほとんど有りません。
・衛生的
器具を外しての清掃が可能なので、お口の中をきれいに保てます。
・食べたい物が食べられる
着脱可能なので、食事の時には外して、好きなものを自由に食べる事が出来る。
・金属アレルギーの方にも使用できる
素材が金属ではないため、金属アレルギーをお持ちの方でも治療を受ける事が出来ます。

治療を始めるにあたって、

マウスピース型矯正装置(インビザライン)に限らず、治療を始める前にはしっかりとお口の中を診させて頂き、充分なカウンセリングをさせて頂いています。矯正治療の必要性や治療時期、期間、治療費等についてや、マウスピース型矯正装置(インビザライン)が適用できるケースかといった事についても、お話致します。

ページトップへ
HOME 医院のご案内 スタッフの紹介 医院の特徴 診療室のご案内 アクセス プライバシーポリシー サイトマップ 小 中 大